会話での単語と表現力を増やすには?

 

英語学習でよくある悩みは、ある程度英語が話せるようになったけれど毎回同じ単語と表現ばかり使っていてそれ以上に増やせない、ということです。

日常会話がある程度出来る中級者に多い悩みです。

・単語は意識的に暗記するようにしているのに、いざとなったら出てこない・・・

・高度な単語自体を使う機会がない

こういった悩みの原因は、そのような単語を使うアウトプットの機会を確保できていないことにあります。

単語を頭で覚えてもそれを使わなければ習得できないんです。

たくさん難しい単語を勉強しているのに英会話の場で出てこない。その単語をどれだけ会話で使いましたか?きっとゼロに等しいと思います。

また、そのような単語を使わず日常会話ばかりするような国際交流をしていませんか。自己紹介、食べ物、天気、趣味ばかり話していても高度な語彙力は身に付かないですよね。

上記の動画に出演しているTくんは18歳の大学生。
彼も同じ悩みを抱えていました。
大学で学ぶ英語は実用的でなく、英会話練習もほとんどありません。これからアメリカ留学をしたいと思っているけれどこのままでは英語が望むように上手くならない。

そんな理由でaStepに入りました。今回は彼自身が企画したディスカッションテーマで、ファシリテに挑戦。

動画では、小保方さんのSTAP細胞の一連の事件を海外メンバーに説明しているところです。剽窃行為や研究内容の信ぴょう性が疑われた、などの話題を英語で説明するのは大変です。

このようなディスカッションの機会を確保することによって、高度な単語や表現を磨くことができます。

工学専攻のTくん、次回はSNSなどの個人情報の安全性についてディスカッションしたいそうです!

がんばって!

*aStepへの体験・お問い合わせはこちらへ