交渉事でyouを連発すると攻撃的!?

交渉事でyouを連発すると攻撃的!?

IMG_1531

世界の人と学ぶ公開講座初日が無事実施されました!

今月のテーマは”How to become more assertive” 「意見をはっきり主張する方法」。私たち日本人は苦手です、このテーマ(汗)。

IMG_1521
公開講座初日の「グローバル人材育成クラス」を担当したのは、James先生。アメリカでは公認会計士として世界各国の会社とビジネスをされてきました。その経験からいろんなコツをアドバイス!


そこで指摘があったのが、交渉事でyou(あなたは)を使い過ぎると攻撃的に聞こえちゃうこと。

例えば上司に給与UPを検討してもらう時に、

You should promise to consider my pay raise within the next 6 months. (あなたは半年以内に給料を上げるよう検討するべきだ。)

だとかかなり強く攻撃的な言い方に。

これはassertiveではなく、aggressive(攻撃的)なコミュニケーションなのでビジネスには向かないですよね。

円滑にコミュニケーションを取るならassertiveに英語を話さないといけないので、

I’d appreciate it if the company could consider giving me a pay raise based upon my performance over the next 6 months.

「向こう半年の私の業績をみて、給料UPを検討して頂けると幸いです。」
など、丁寧に意見を述べることが必要です。

ここではyouをcompany(会社)にして言い方を和らげるほか、appreciateなどを使って丁寧に依頼する表現にしています。

ちょっとした言葉の使い方が左右するビジネスコミュニケーション。

このように語の適切な使用、活用できる語彙やフレーズの量など大事なんだなと改めて思いました。

今週はアメリカやアジアのメンバーと一緒に上記の応用練習します!国際交流を楽しみながらがんばりましょうね!
体験参加してみたい方、こちらからお申し込み下さい。

IMG_1529
最近日本人のメンバーさんからよく聞くのが、「日本語よりも英語の方がラクです。話しやすい!」ということ。かっこいいでしょ?
2017年01月19日 Leila