Eri's report: 「自分が持っているもの」を大事に

Eri’s report: 「自分が持っているもの」を大事に

今回言語交流のイベントとして、Eriちゃんがカードゲーム「キャット&チョコレート」を実施してくれました!

初めてのイベント主催、どんな新しい発見があったのでしょうか ^^

1

 

 

 

 

 

 

 

 

以下Eriちゃんからのレポートです!

↓ ↓ ↓ ↓

July 15th, 2016

カードゲーム「キャット&チョコレート」をしました。

一人一人様々なアイテムカードが数枚配られます。

様々な恐怖イベントに対して、手持ちのアイテムカードで乗り越えなければいけません。

英語でクリエイティブで面白い乗り切り方を説明し、みんなを納得させれば手持ちのカードを減らすことができます。

英語で学んだこと

上記のイベントカードの文、Do something or you’ll drown.について。

通常”or”は、Do you like dogs or cats? ネコかイヌどちらが好きですか?というふうに使われますが、このイベントカードの場合の”or”は、「さもないと~が起こる、さもないと~になる」というふうに訳す。そのため、「何かしないと溺れてしまう。」という訳になる。

決して「何かするのか溺れてしまうのか。」と訳してはいけない。

海外の人との交流で学んだこと、気付いたこと

英語がそんなに話せなくても、クリエイティブな発想を自信を持って身振り手振りで説明することにより、海外の人は理解してくれ、私の面白いアイデアを笑って受け入れてくれました。

英語よりも、自分が持っているもの(表現力、想像力、笑顔、明るさなど)をどう活かすかが大切だと思いました。

Eri & Victoria先生!
Eri & Victoria先生!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「もっと英語が話せるようになりたい!」

「もっと国際交流がしたい!」

「国際的な仕事やビジネスがしたい!」

梅田で随時英語学習&国際交流のオリエンテーションを実施しています。

参加したい方はこちらへ

2016年08月16日 Leila