Author: Leila

ステーキの焼き加減(リスニング)

ステーキの焼き加減を英語で表現するとこうです:

 

下記の動画でアメリカ出身のSさんが「medium rare」と「rare」の違いを説明しています。

彼女が使っている単語の意味をおさえながら、何を伝えているか聞いてみてね。

TARGET WORDS:

raw(生の)  
rare(生焼けの、珍しい)
basically(基本的に)
bloody(血だらけの)
cooked(加熱調理した)

 

【学習交流会の体験】

毎週火、木、金の夕方に体験参加が可能です。
お問合せ・お申し込みはこちらまで。

イベント報告「ドッグタウン見学&海外の人たちと動物愛護を考える」

5/27/2018(日)に「ドッグタウン見学&海外の人たちと動物愛護を考える」を実施しました。

 

北米ではペットショップで犬や猫の販売はほとんどされていなくて、ペットを飼いたい人は自分でブリーダーを検索して飼うのだそう。これから飼う犬の特性をしっかり調べて問合せをするので、飼ったあとに「思っていた犬と違う」、「育てにくい」、「こんなに大きくなるとは思わなかった」などの理由で放棄することも避げられるとのこと。
またたくさんの犬や猫を飼っている家には調査に入れるなど動物愛護の法規制は日本より進んでいる印象でした。

 

 

動物保護施設 LoveFive ( http://lovefive.net/ )の吉井さんは、「日本は独自のシステムがあるので、それを批判するというよりは、そのシステムを(動物愛護の観点から)より良いものにするためにサポートする活動をしていきたい」と言われました。

日本と海外と動物愛護について見地を広げるワークショップとなりました。

 

6月の国際交流ワークショップ ●●●

6/17(日)10:05 – 12:00 in 難波
地球探検!All about Finland (cultural study workshop)

*通常の国際学習交流会は毎週火・木・金に実施しています。
体験・お問い合わせはこちらへ。  

 

6/17/2018(日)地球探検!All about Finland (cultural study workshop)

・ワーホリに行ってみたいな

・海外留学やインターンをしてみたいけど、どんな国があるんだろう

・海外に行ってもっと世界をみてみたい

・海外に行きたいから英語を上達させたい

したいなあと思い続けても時間は過ぎるばかり。出来るところからアクションをとっていきましょう!

海外に出るならまずは情報収集!一番参考になるのはその国の人と話すこと。
ネットでは見つけられない情報をダイレクトに教えてもらえます。

ワーホリや海外留学など、これから海外を目指す人たちのためのワークショップ シリーズ。
第一弾は北欧フィンランドについてです!

 

【おすすめポイント】

講師: Lasse (フィンランド出身)

・当日は英語を学ぶ社会人やワーホリを目指す英語学習者のみなさんと交流を図りながらフィンランドについて学びます。

・ワーホリなどのために英語力をUPさせたい方にもお勧めです。

・ワークショップの後は希望者でランチに行く予定です。

 

【ワークショップの詳細】

申し込み・お問合せ: お問合せフォーム

申込締切: 2018年6月18日(土)20:00

定員: 14 名

参加費: 3,500円(会員・学生)4,000円(一般)

開催日: 2018年6月17日(日)

時間: 10:05 AM – 12:00 PM

場所: アジサイ会議室(702号室)
大阪府大阪市浪速区幸町1-2-9 RE-005
*JR難波駅より徒歩3分

 

【 TIMETABLE 】

10:05 Door opens & Casual networking

10:20 Workshop begins

– Where’s Finland? Where’s the capital? How do you get there from Osaka?
– What does Finnish sound like? How do you say some simple greetings in Finnish?
– What’s the main industry of Finland? What kind of jobs do people have?

GROUP ACTIVITY: QUIZ GAME

– What kind of lifestyle do they live?
– What kind of food do people eat?
– What are some unique customs in Finland? (e.g., people in Japan slurp noodles)
– What is the currency in Finland?
– What is the relationship between Finland and Japan?

GROUP ACTIVITY: DISCUSSION

Lasse’s day in Finland:
– How do you usually spend your free time?
– What do you like to do in Finland?
– Where do you recommend in Finland for sightseeing?
– What activities do you recommend for travelers?

GROUP ACTIVITY: DISCUSSION

11:45 Workshop ends & Group picture

12:00 Leave the meeting room and head for lunch

中学英語の復習&日常会話力UP!

中学校の英語の教科書、なつかしくないですか。

中1くらいまでは英語好きだったけど、中2から難しくて嫌いになった。そんな人って多いかも?

 

 

今レッスンでしているのが、中学英語をおさらいしながら日常会話を上達させること。

 

 

あの時はテストや問題集とかでなんだか難しく感じたけど、日常会話を練習しながらおさらいすると理解が簡単に。

☝の写真は、研究者のHさんとカナダ出身のK先生。過去形をおさらいしながら「初恋」という単語を英語でどう言うのか先生に質問 ^^

 

👇こちらが中2の本文。理解は簡単だけど話すのは難しい。これくらいの英語が話せたら日常会話はかなりの達人です!

 

学生時代の苦手意識を克服して、英語楽しく話せるようになりましょう!

お問合せ&体験レッスンはこちらへ

会話での単語と表現力を増やすには?

 

英語学習でよくある悩みは、ある程度英語が話せるようになったけれど毎回同じ単語と表現ばかり使っていてそれ以上に増やせない、ということです。

日常会話がある程度出来る中級者に多い悩みです。

・単語は意識的に暗記するようにしているのに、いざとなったら出てこない・・・

・高度な単語自体を使う機会がない

こういった悩みの原因は、そのような単語を使うアウトプットの機会を確保できていないことにあります。

単語を頭で覚えてもそれを使わなければ習得できないんです。

たくさん難しい単語を勉強しているのに英会話の場で出てこない。その単語をどれだけ会話で使いましたか?きっとゼロに等しいと思います。

また、そのような単語を使わず日常会話ばかりするような国際交流をしていませんか。自己紹介、食べ物、天気、趣味ばかり話していても高度な語彙力は身に付かないですよね。

上記の動画に出演しているTくんは18歳の大学生。
彼も同じ悩みを抱えていました。
大学で学ぶ英語は実用的でなく、英会話練習もほとんどありません。これからアメリカ留学をしたいと思っているけれどこのままでは英語が望むように上手くならない。

そんな理由でaStepに入りました。今回は彼自身が企画したディスカッションテーマで、ファシリテに挑戦。

動画では、小保方さんのSTAP細胞の一連の事件を海外メンバーに説明しているところです。剽窃行為や研究内容の信ぴょう性が疑われた、などの話題を英語で説明するのは大変です。

このようなディスカッションの機会を確保することによって、高度な単語や表現を磨くことができます。

工学専攻のTくん、次回はSNSなどの個人情報の安全性についてディスカッションしたいそうです!

がんばって!

*aStepへの体験・お問い合わせはこちらへ

 

 

 

 

 

 

海外の方の就業斡旋をサポート!

2月3日(土)にOsaka Innovation Hubで開催された外国人の方の就業斡旋ワークショップで、グローバル人材育成クラスのみなさんがファシリテとして活躍しました ^^

今回は、「How to work effectively with Japanese(日本人と効率的に働くには)」というテーマのもと、実にいろんな国の方が集まりました。

「会社の会議でみんな意見を発さないのはなぜ?」

「面接で残業代のことについて質問をするとNG?」

「日本ではコネがないとフリーランサーはなかなか受注が受けれない?」

など海外の方からの様々な質問に、企業人代表として生徒のみなさんが考えや経験談をシェア。

本番前に緊張した面持ちで進行打ち合わせにのぞむみなさん。

本番が始まると意見をがんばってシェア!みんな英語学習者なので正直ディスカッションは大変ですが見事なチャレンジ!!

営業職で海外出張も多いYさん(↓写真右)、

積極的に海外参加者と交流をして、「とても楽しくて収穫のあるイベント」になったそうです ^^

今年ワーホリでオーストラリアに向かうSさん(↓写真中央)、

「最初から最後までずっと英語でやりとりしてたから頭フル回転で大変だったけど、外国人の考えがわかったり自分の意見を伝えることができてすごくいい機会でした。

ディスカッションの後の交流会でもいろんな国の人と近況や将来の話をすることができて良かったです。
でもまだまだ英語のスキルが足りないなと実感したので、英語の勉強をますます頑張ろうと思いました!」

とコメント。

ビジネスにおいて見地が広がって良かったですね ^^

はい、渡航前まで英語しっかりがんばりましょう!!

そして受付でがんばったSさんは、ポスドクでウィルス研究をされている研究者(↓写真右)。

「学会などで世界の研究者ともっとコミュニケーションがとれるようになりたい!」

研究で忙しい合間にこのように英語学習や国際交流経験を積んでがんばっています ^^

「英語が話せたらかっこいいな~」と言っている人は多いですが、実際ここで紹介した生徒のみなさんのようにアクションをとって成果を出されている人は少ないと思います。

You are doing absolutely great!

2月のグローバル人材育成クラスの後半部も今回のワークショップのフォローを実践していきます。地域貢献も兼ねて楽しくがんばっていきましょうね ^^